択ゲーの果て

クチート好きの備忘録兼ブログ

第15回びぶおふ!&SMシーズン2使用構築 ゴッドグロスソード

3月11日の第15回びぶおふ!とSMシングルレートシーズン2で使用した構築です。

 最高レートは1948でした...

最終日付近で伸ばしきれなかったのがとても悔しかった...
f:id:mawilepokemon:20170321173131j:image

ダサい感じの構築名が好き

 

メガメタグロス  

持ち物:メガストー

特性:クリアボディ→かたいツメ

171-209-171-*-131-153(オフ時)

 167-185-174-*-134-178(オフ後)

(メガ後の数値)

 技:思念の頭突き/バレットパンチ(オフ後雷パンチ)/アイアンヘッド/冷凍パンチ

 

クチートが使えないため抜擢された700族メガ枠。

ガブを抜けるS、意地ガブの地震を素で耐える耐久と700族らしくかなりの高スペックだがフルアタだとクレセらへんで止まるのがもどかしかった。

クチートだとガン起点のクレセが満面の笑みで後投げされるのでストレスマッハ

 

持ち前の技範囲と耐久を生かして後述のマリルリを通すための削り役に徹することが多かった。

 

 

カミツルギ

持ち物:アクZ

特性:ビーストブースト

 135-231-158-*-52-171

技:リーフブレード/辻斬り/聖なる剣/剣の舞

 

受けループ破壊性能が高いと聞いて採用。

ガルド意識のアクZ。

 

リザを重く見て陽気にしたためか数値ほど火力は無いなーといった印象だった。

具体的にはメガヤドランに対してリーフブレードでも確2がとれないほど。そもそも炎技考慮したら剣舞が安定しそうなのが純正受けループの中でバンギムドー(グライ)くらいしかおらず、うちのptだとわざわざこいつらを選出する理由が無いためptに合って無かったかもしれない。

S1に比べて強力な炎アタッカーが増加した今シーズンだとラッキー対面で即決剣舞でもよかったかもしれませんね(燃)

 

テテフのサイキネで当然のように吹っ飛ぶので注意。ガルドへのZ辻斬りのダメージとSラインの確保を考えるとASはあまり削れなかった。

 

ボルトロス

持ち物:たべのこし

特性:悪戯心

 (S3でも使用予定なので非公開)

技:毒毒/守る/身代わり/放電

 

グロスが止まる物理受けから展開していく毒ボルト。マリルリ用削り要員その2

オニゴーリにも強いのがgood。

 

毒さえ当てれば無難に強い仕事人。

 

ランドロス

持ち物:こだわりスカーフ

特性:威嚇

175-196-122-*-105-135

技:岩雪崩/地震/蜻蛉返り/馬鹿力

 

鬼のような自覚を見せてくれたptのMVP。

オフでは主要な場面での雪崩外し0、雪崩怯み雪崩急所で勝ちを引き寄せてくれた。

先発で投げやすくてとても強かった(小並感)

サイクル回しながら削りを入れてアクジェ圏内に入れる要員その3

 

バシャーモ

持ち物:いのちのたま  

特性:加速

 158-145-90-161-81*-138

技:オーバーヒート/飛び膝蹴り/めざ氷/守る

 

命中不安の塊。確率考えたら妥当だがランドが優秀すぎたせいで戦犯感が増した不憫なチキン。ブロック一位にオバヒ外しはNG

 

珠の範囲は広く活躍してくれたがオバヒにドラゴンを後投げされると次のめざ氷で落とせない事態がそこそこ発生したのでフレドラが欲しかった。

ガルドに安心して撃てるオバヒかめざ氷を生かすフレドラかといった感じだがグロスの技とptの構成上グロスとガルドが対面した瞬間お通夜なのでガルドを確実に処理できるオバヒに決定した。ドラゴン後投げには気合いでめざ氷合わせるしかない

来期は電子レンジ辺りになってそうな枠

 

マリルリ

持ち物:こだわり鉢巻

特性:力持ち

177-111-118-*-101-84

技:滝登り/アクアジェット/じゃれつく/馬鹿力

 

だいたい鉢巻アクジェで一掃してた。

グロス見て出てくる馬車ガモスをアクジェで葬る。

相手の裏へかける負担が大きいので積極的に交換読みを仕掛けるようにしていた。

馬車に抜群とれるのはアクジェじゃなくて馬鹿力。

 

基本的な立ち回りとしてはグロスボルトランドのうち2匹で削りを入れつつ隙を見てマリルリで一掃する流れ。

 

マリルリが動きづらいと選出画面で感じたらカミツルギを軸にしてグロスボルトランドのうち2匹で削った相手をカミツルギで落とし、ビーストブーストを発動させて負担をかけていくといった立ち回りをしていた。

 

個体提供+個体を貸してくれたエクリプス氏に圧倒的感謝(’-’*)♪ありがとうございました!

 

蜻蛉ヒヒダルマ

 

f:id:mawilepokemon:20160916201010g:plain

サイクル破壊性能が高くクレセポリ2の後だしを許さない火力を持っている 事は割と有名だが個体数が少ないことと40%がスカーフ巻いてることにより素のSが把握されていないと感じることがそこそこあった。

 

(こいつが炎単なことを使い始めてから知りました...馬鹿力のイメージからてっきり格闘持ちだとと思ってました...)

 

有利なptに対してはかなり強く、有利対面を作れば相手の裏が受からないということが多々あった。ただ有利不利がはっきりしている分、腐るときは何もできずに落ちていく。

 

種族値は105/140/55/30/55/95

高いA、そこそこのS、紙耐久を持つ。耐久が貧弱な上フレドラでどんどん削れてくもんだから実際は数値より頼りない()

馬鹿力や雪崩を採用することで眼鏡サザンや準速ガモスを突破することも可能。割とこいつらは居座ってくれた。

 

努力値

珠  h4 a252 b4 d20 s228  (陽気)

よくある配分

メガ前ルカリオや前述した準速ガモスを上から叩きたかったため陽気で使用した。

メガガルの猫不意で落とされるがヤンキーフレドラで猫打って来ないガルを吹き飛ばすこともたまにあった。A特化猫で半分近く入るため型が割れていない時に対面したらさっさと引くのが安全。

 

使用した技は

フレドラ  雪崩  馬鹿力  蜻蛉/鬼火

 

眼鏡ミトムとの補完がとれているため高火力の蜻蛉ルチェンを展開出来るのは魅力的だった。ミトムのボルチェンを地面にキャッチされたらラスト1体にしか基本引けないので、択ゲーも多発したがハマると強かった。

 

珠での蜻蛉採用は上を取っていたとしても蜻蛉には追加効果が無く、珠ダメが入ってから交代することになるため次サイクルから相手はスカーフを警戒する必要が無くなるというディスアドを背負うことになる。

 

しかし、フレドラで一体落とした後死に出しされたこちらから有効打の無い又は返しの一撃で落とされてしまうダルマよりSが下のポケモンスイクンロトム ゴツメランド等)の上から蜻蛉を打ち、釣りだしの対策とダルマの温存を両立する動きがとれる点は大きかった。

受け出しが難しいダルマが3体の中に居る以上釣りだしをされてしまうと一体失う可能性が高いため、釣りだし択のケアが出来るのはありがたい。

 

ゴツメランド程度の耐久であれば威嚇が入っても陽気珠フレドラで半分は入るので、後だしされた場合ならゴリ押し出来る。

 

こちらから攻める形でサイクルを有利に展開していくのがとんぼがえりだが、欠伸、鬼火で裏の起点をつくって落とされるという動きを取ることができるのも珠ダルマの強み。

蜻蛉の代わりに欠伸を流し際に打つことで、ダルマを落としに来た場合眠った相手の前で死に出しした味方が積むことができ、鬼火を打つことでガブを始めとする上から蜻蛉が通らない相手の弱体化を狙いダルマを下げる際の負担を軽減するor裏が起点にする事が可能。

ここらへんはパーティーとの相談になる。

 

なんやかんやで途中からスイクンに強いptに入れていたので鬼火に変更になった。(タイトル...)

 

馬車という強力なライバルを持ち、火力に特化した少々扱いにくい面もある性能を持つが、ハマると本当に強いポケモンだった。

 

ORAS総括

初めまして。れんそるです。

大した結果は残せませんでしたが、折角の機会なので僕も六世代の総括を簡単に書いてみました。

 

六世代最高レートは2004とギリ20に乗せることが出来ました 。(s15)ORAS買った当初は20以上勢の人は雲の上の存在だったので、乗せることが出来た瞬間の嬉しさは今でも覚えています。


f:id:mawilepokemon:20160915233835j:image
 この並びを使用していました(クチート...)

 

一時期ポケモンを離れ別ゲームにはまったりすることもありましたが、Twitterを始めた頃からポケモチベが回復し最終シーズンまで駆け抜けることが出来ました。

 

s15での反省を生かし?以降はクチート軸の考察を真剣に始め色々なptで潜っていました。ダメ計を黙々と回している時ですらとても楽しかった。

 

愛用したクチートの型は


f:id:mawilepokemon:20160916200906g:plain

持ち物    ナイト

性格        意地っ張り

努力値    h164 a236 s108 

実数値    146/170/145/*/115/84(メガ後)

技            じゃれつく 不意打ち 叩き 剣舞

 

でした。ポリ2、マリ、ミラーを抜けるsを確保したタイプです。

 

使用当初(s14辺り~)はニンフも大体抜けていたのですが、シーズンが進むにつれてニンフに抜かれる事が増えてきた気がします。

 

択ゲー製造機の代表格として数多の択ゲーを制したり制されたりしました。クチートの醍醐味を存分に楽しんでプレイしていましたが、思わぬポケモンが身代わり持っていたりして頭を抱えることも多々ありました...

 

HA、HD、HSなど色々な型を使いましたが、剣舞不意で全抜きする快感が忘れられず剣舞は外せませんでした。襷以外のガブを剣舞不意打ちできっちり落とし、じゃれも重要な場面でしっかりと当ててくれる自覚のある子でした。偉かった。

 

 

サンムーンでメガ続投するのか記事を書いている現在はまだ分かっていませんが、たとえメガがなくともクチートを使ってあげたいと考えています。 

 

サンムーンでもガンガンレートに潜っていく予定なので、レート勢の方々はこれからもよろしくお願いします。